2012年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.26 (Thu)

入院間際、私の闇。

平成14年の夏。の続き。

その年、まおにとっては小学生になって初めての夏。
夏休みの宿題、プール、花火、動物園、魚釣り、友だちとの約束…
楽しくてわくわくの夏。
まおは、あれやこれや計画を立ててはパパに相談。
もともと、一人娘に甘く子煩悩な主人は、実際の夏休みに入る随分前からあっちこっちにまおを連れていってくれました。

「ブォーーって走ってな…」
「バチャバチャバチャッてしてな…」
「パパが、ぴゅーって行ってな…」
夜になると、まおが今日のハイライトを話してくれるのですが、擬音語が多いし、話すうちに自分で笑い出してしまったりで、さっぱり筋がわかりません。
そのうち、1人で大笑いしてるまおを見ている私までなんだかおかしくなって、2人でげらげら笑う始末。

こんなに笑う病人がいるかな?
こんなに笑う家族がいるかな?
ほんとは嘘なんじゃない?
病気なんて。
もやもや病だなんて。


1人きりの月曜、あてもなく車を走らせながら、私はふいにブレーキを踏むのをやめました。
ぶつかる。あぶない。
もうつかれてしまった。
まおを病気の身体に産んでしまった。
遊びにも連れていけない。
私が連れて行くのは病院ばかり。
私は、母親失格だ。

そのとき、後部座席で衣擦れの音がしたような気がしました。
まおが乗ってるんだった!
我に返って、ブレーキを踏みました。

あと少しで、赤信号の交差点を突っ切るところでした。
後ろを見ても、まおはいません。
気のせいか……


理容師の使うハサミは、安いものでも万単位、少しいいものなら何十万もします。
そのうちの1本、少しこぶりなそのハサミは、手が小さくて握力もあまりない私が、修業時代にローンを組んで買ったものでした。
ぼんやり、そのハサミをみているうちに、私は
「仕事が出来たって、子どもが病気になったら何にもならない」
「24時間、まおに張り付いて様子を見ていてやればよかった」
「もう何もかも嫌になった」
そんな思いに、心を占領されていました。

ふりかぶって、そのハサミを床に叩きつけると、カシャンと音がして、
薄く光った刃先は一瞬にして、ボロボロに欠けてしまいました。
その物体を新聞紙に包み、そのまま捨ててしまいました。

情けなさと、どこにもっていけばいいかわからない悲しみに、私の心は完全に塞がってしまっていました。

それでも、人前ではにこにこと気丈に笑っていた私。
まおを可愛がってくれる、主人や私の両親の心中を思うと、これ以上心配をかけることが出来ません。

大丈夫、大丈夫。

呪文のように唱えながら、じつはそんな呪文などひとつも効かないということを、誰よりも知っていたのは私自身でした、

まおの入院の日が来ました。

続きます。
スポンサーサイト
22:51  |  もやもや病。  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.04 (Wed)

平成14年の夏。

発作が決めさせたこと。の続き。

平成14年初夏。

小学1年生になったばかりのまおを連れ、私は病院を回りました。
情報を得るため、「もやもや病の患者と家族の会」にも電話をしました。
保健所に、特定疾患の手続きにも行きました。
やる事は山ほどありました。

会う医師、会う医師に、どう思いますか?と聞いて回りました。
学校の心臓検診でひっかかり、再々検査をしに行った神戸の医師にも、今までの経緯を話し
「どう思われますか」と聞きました
。色んな意見、色んな見解を伺う事が出来ました。

そして、やはり結論は
東保先生に執刀してもらう。
そのために動く。

私は、国立循環器病センターに何度も行き、脳外科と小児科の先生がたとお話をしました。
兵庫医大にも、何度も通いました。
そして、それぞれの病院から東保先生に、お手紙を頂いて来ました。
兵庫医大の、前 先生は
「母親が、貴院での手術を強く望まれてます。」
と書いてくださいました。

何通ものお手紙を持って、東保脳神経外科に再度向かったのは、7月の始め。

東保先生は、じっと手紙を見つめ、私の顔を見つめ…
「夏休みにしましょう。」
と言って下さったのです。

平成14年、8月17日。
手術はその日に行われることになりました。

「まおちゃん、手術決まったよ」
東保脳神経外科の帰り、私はまおに明るい声で話しかけました。
「ほんまぁ。そしたらプール行きたいわ。」
のんびりしたまおの声が、タクシーの中でころころと転がります。
「プール、西猪名公園のとこ?パパに頼まなアカンね」
そういう私の顔を、まおがいたずらっぽく覗き込みます。
「ママは泳がれへんもんな。きゃきゃきゃ♪」
「まおちゃんも泳がれへんやんかー」
「顔つけれるで!」
「あーママ顔つけられへんわ」
「勝った~!」
レベルの低い闘いを楽しみながら、私はまおとどれだけ向かい合ってきただろうと、考えざるをえませんでした。
ヘアサロンの定休日が月曜日、公務員の主人と娘の休みは土日。
プールや水族館などには、主人と娘だけで行ってました。
それまでは、
「仕事だから、仕方ない」
と割り切っていましたが、プールには一度も付き合った事がありません。
その事が、急に辛くなり始めました。
何もかもが、自分のせいであると、その時強く感じました。


少しづつ、自分の心が病んでいくのがわかりました。

続きます。
12:12  |  もやもや病。  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。