2011年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.04 (Thu)

ただいま。

こんにちは。ヘアサロンアイデアルです。


暑いですね。
この暑さにもめげず、高校1年生の娘は毎日学校までクラブ活動に通っています。
夏休みが先週から始まって、結構な量の宿題も頂いて帰って来たのですが…

秋の文化祭に向けて、演劇部の練習にも熱が入るようです。
(テニス部とかちゃうんかーい!!)

大きな持病がある娘、毎日見送る時にはいまだに胸がざわつきます。

「行ってきま~す」

表の道路まで見送る私にそう言うと、駅に向かって自転車をこぎだし、振り向きもしません。
小さくなっていく水色の夏制服を見つめながら、今日も一日無事に過ごして、必ず帰って来てと祈ります。


「ただいま!!」

それが、一番私の聞きたい言葉。

「あつー!!暑かったー」
「あああ~お腹すいた!」
「今日な、帰りに小学校の時の友達に会ってな」
「明日はちょっと早く行かなアカンねん」
「お茶、足らへんかった」
「んも~、嫌になるわ!」


シャワーのように、娘の言葉が私に降り注ぎます。
愚痴や文句、喜びやドキドキや失望や嬉しさ。

今日も帰ってきてくれた…
無事に、生きていてくれた…
健康なこどもを持つ親ごさんには、大袈裟だと笑われるでしょう。
でも、夕暮れの

「ただいま」

この娘の言葉を聞くたびに、無上の安堵を覚えるのです。


そして、災害や事故、病でお子様を亡くされた親の無念と絶望を想い、時折とめどなく涙を流します。
スポンサーサイト
15:31  |  名称未設定_4  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。